2005年03月31日

結婚記念日 〜3周年〜

kinenbi3th_01.jpg結婚3周年を迎えた。正確にいうと、3月は入籍記念日で、9月に結婚式をした結婚記念日が別にある。
結婚当初、3月と9月の両方の記念日をお祝いしても構わないよ、と旦那が言ったので、ラッキーと言わんばかりに半年毎にお祝いしていたのだけど、3年目になったある日、旦那が言った。


ところで、今結婚して何年目だっけ?

3月、9月、3月、9月・・・とお祝いばかりしてたので、肝心な何周年というのがごちゃごちゃになってしまったらしいのだ。
(このままではまずい)という訳で、2つあった記念日を3月にまとめることにした。年一回なら問題ないでしょう?

去年は腕を振るってそれなりのイタリアンコースもどきを作って、高いシャンパンと共にお祝いしたのだけど、やっぱり後片付けの問題が残る。その日はやっぱり優雅に過ごしたいじゃない。そんなわけで、今年は「素敵なレストランでフレンチ」をテーマにお店探しをし、いくつか候補の中から、汐留にあるFISH BANK TOKYOに決定した。続きを読む
posted by JOJO at 22:43| Comment(10) | 食べ物・料理

2005年03月30日

DAL-MATTOで本格イタリアン

SFでビトンのバックを代行買い付けしたお礼に、とお友達のSちゃんからディナーのお誘いがあった。行ったお店は西麻布にあるDAL-MATTO

苦手なものを一番初めに伝えると、それがオーダーとなる。料理は全ておまかせコースで4000円。Sちゃんが言うには、「ネットの評判も結構良くて、行くのを楽しみにしていたお店」らしい。
西麻布の交差点に近い六本木通りから小道に入っていった所にお店があった。
こじんまりとしているが、落ち着いた雰囲気の店内はオープンキッチンがパッと目に付く素敵な装い。席数がそんなに多くないので、ゆったりと食事を楽しむことができそうである。沢山の人を一気にいれない、それが心こもったサービスを来店したお客に楽しんでもらう・・・そんな気持ちが汲み取れる。

さて、オーダーの時間がやってきた。続きを読む
posted by JOJO at 23:06| Comment(2) | 食べ物・料理

2005年03月02日

かすべを料理する

いつも行っているスーパーに「かすべ」が並んでいた。かすべとはエイヒレ。よく乾燥したものはあるけど、都内で切り身で売っているのは珍しい、と思う。だってここに住んで4年以上経つけど初めて見たし。

渋谷に「かすべ安兵衛」という魚が特に美味しい居酒屋さんがある。このお店ではこの「かすべ」をお店の名前にしてしまう程かすべ料理が美味しい。行く度に必ず注文もするし、やっぱりかすべは美味しいねぇなどと口にしながらお酒をたしなんだりもする。ヒレの部分だから骨というか軟骨に沿って身がついている状態なのだけど、これがなんともふわっとてるような感じで、軟骨だってお店の調理法では食べれてしまうのだ。

かすべか。ちょっと自分で料理してみようかな?

というわけでその切り身を買って帰った。続きを読む
posted by JOJO at 07:37| Comment(8) | 食べ物・料理

2005年01月27日

手羽先のコーラ煮

tebasaki.jpgちょっと奥様。手羽先をコーラで煮ると美味しいっていうから、先日煮てみましたの。

えぇ!?コーラですか!?って思うでしょ?


私も始めは半信半疑だったんだけど、実験のつもりで夜ゴハンの支度の時にいざ実行。(失敗したらどうしよう、なんて考えたらいけません。失敗したら納豆ゴハンで済ませればいいのです♪)

コーラを沸騰させてから鶏肉を煮込むんだけど、コーラって炭酸飲料だから、沸騰してブクブクしてるのか、炭酸がシュワシュワしてるだけなのかよく分からない。ま、なんとなく湯気が出てきたし、キッチンにコーラの匂いが漂い始めたので、きっと沸騰したんだと思い、鶏肉を入れる。

しっかしコーラで鶏肉をねぇ、、、、まだ疑いの目で調理中。

続きを読む
posted by JOJO at 07:09| Comment(4) | 食べ物・料理

2005年01月07日

七草がゆ

nanakusagayu.jpg1月7日。今日は七草がゆを食べる日だ。
昔ながらの風習を少しでも生活に取り入れるべく、朝食に七草がゆを作った。
1月7日に無病息災を願って七草がゆを食べるということは、中国から伝わった行事で、江戸時代から日本でも食べるようになったんだとか。
七草粥には春の七草を入れる。続きを読む
posted by JOJO at 09:44| Comment(4) | 食べ物・料理

勝手にワインデー!

プレゼント!それは友達夫婦におそろいのスリッパをプレゼントしたことから始まった。スリッパ怪奇現象の書き込みを呼んだお友達が「我が家にもこんな感じのスリッパが欲しいのだけど、なかなか見つからない」と言っていたのを旦那が聞いてきたのだ。

うちのスリッパは近所のDエーで買って来た量産もの。どこにでもあるような気がしてたのだけど、ふと考えた。



ひょっとして都内は都内でも、お洒落な街に住む彼女達の周りにはそんな量産店で売っているようなもこもこスリッパはないのではないだろうか?と。



というわけで、赤とグレーのもこもこスリッパをプレゼントしたのが去年の12月。

そのお返しに・・・というわけではないのだろうが、先日、「カリフォルニアで飲んでいたワインと北海道のお土産」を旦那が頂いて帰って来たのだ。



ワイン好きとしてはもらったその日に飲んでしまいたい衝動にかられるのだが、その日の夕食はワインに合うものではなかったので、敢え無く断念。

で、翌日を「ワインデー」とし旦那にも早く帰ってくるようにとお願いしておいた(笑

続きを読む
posted by JOJO at 08:10| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年12月14日

紅茶 スノードリーム

yumeya0412.jpg数年前にサイト作成のお手伝いをした夢やさんからX’masプレゼントに紅茶がたくさん 送られてきたのは12月半ばのこと。


思いがけないプレゼントにびっくり!!中には小分けにされた紅茶のパッケージも用意されていたので、早速お友達に分けることにした。



さてさて、今回のパッケージの中にはいっていたのは、

マスカット・焼きりんご・クリスマス・スノードリーム・スウィート・ウェディングベルだ。

マスカット、焼きリンゴ、ウェディングベルは今までにも飲んだことがあって馴染み深いし、リピーターでもあるのだが、気になるのはクリスマス・スノードリーム・スウィートである。

なんとも冬に飲んだら美味しそうなネーミングじゃない?

続きを読む
posted by JOJO at 20:37| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年12月09日

美味しいチョコ

gianduja_1.jpgニキビ(え?この年齢なったら吹き出物?)が出来るから、そんなに食べ過ぎないように努力してるんだけど、私はチョコが大好きだ。

昨日、たまたま寄ったコンビニで買ったチョコが、チョコなんだけど、チョコらしくなく、でも美味しかったので、ちょっと紹介。

森永の期間限定発売らしいのだが、DARSのGIANDUJA(ジャンドゥーヤ)というもの。

価格は150円ほど。



ヘーゼルナッツの香り豊かなチョコレートと書いてあるだけあって、口に入れるとまさにヘーゼルナッツとチョコレート〜って感じです。(笑


オススメの食べ方は噛むんじゃなくて、飴をなめるように口の中で溶かして食べる方法。

噛むより長持ちするし、その美味しさを堪能できる!

今はなきグリコのアーモンド味のポッキーが好きな方は特に気に入るんじゃないかな。

包装も1個ずつしてあるので、好きな時に食べられる所も良い。”ダース”だけど14粒入っている。

と言っても”ダース”っていう商品名は別に1ダース(dozen)から来てるわけではなさそう。




ダースの名前の由来
『ダースの美味しさを多くの皆様に味わって頂きたい!』という想いが込められています。
DAR・・・「与える」、「贈る」(スペイン語)
ARS・・・「技」、「芸術」(ラテン語)


ということらしい。へぇ〜
posted by JOJO at 10:44| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年11月21日

お勧めボジョレーヌーボーは

wine_1.jpg今年のボジョレー・ヌーボー。日本の輸入量は世界一だと言う。

葡萄の出来は最高と前評判が良かっただけに、私のワインへの期待もすごく高まっていた。



先日も書き込みしたが、我が家で購入したボジョレー・ヌーボーは

・ジョルジュ デュブッフ社のボジョレーヌーボー

・ルイ ジャド社のボジョレーヴィラージュ

である。



いろんな意見があるんだと思うんだけど、正直ジョルジュ デュブッフ社のボジョレーヌーボー2004はそんなに美味しいと思えなかった。

続きを読む
posted by JOJO at 20:02| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年11月17日

ボジョレー解禁前に

beaujolais2004.jpg今夜解禁のボジョレーヌーボー、一足早く入手しちゃった(^^)

近所の酒屋さんに数時間早く届いたみたい。



ラッキー。

早速ボジョレーヌーボーとボジョレーヴィラージュを購入だぜ。


今年の葡萄の出来も良いみたいだから、飲むのが楽しみだな〜♪


続きを読む
posted by JOJO at 23:27| Comment(10) | TrackBack(0) | 食べ物・料理

2004年10月20日

北海道からの贈り物 2

okome01.jpg一緒に北海道ツーリングを回って、そしてその後トウモロコシ26本などをドーンと送ってきてくれたT君から、また贈り物が届いた。今度はお米である。

俺の育てたお米を食べてね」と送ってきてくれたその量は10kg。なんと気前が良いのだろうか!


普段見慣れているお米の粒。毎日の料理の時にお米自体にそんなに感心を抱かない。しかししかし。友達が作ったお米となれば話は別だ。この一粒一粒が、T君の愛情と努力の結晶なのだ。



okome02.jpgお米を手に取ると・・・まだ見たことないT君の農作業姿さえ目に浮かんでくるようだ。



夕日が射す時間帯、金色に輝いた稲穂。稲刈機を操りながら、首にかけた真っ白なタオルで額の汗を拭くT君。

そのだいぶ先に通っている道路をバイクが2台。CBRとZX12Rだ。「T君〜!」彼らが手を振りながら叫ぶと、T君は陽に焼けたせいで目立つ真っ白な歯を覗かせながら、ニッコリと笑って手を振り返したーーーー。



大事に、よーく味わって食べさせて頂きます。ありがとう!!

posted by JOJO at 14:32| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年09月02日

糖度が落ちないうちに

toukibii4.jpgどっさりもらったトウモロコシや枝豆たち。そのまま実家におすそ分けしたかったんだけど、トウモロコシはその日のうちに調理した方が糖度が落ちないということを知る。どうしよう?実家にいけるのは早くても週末だぞ・・・。

そのこをを知ったのがもう22時を過ぎていた為、とりあえず、「明日の朝、茹でよう」と思いながら床についた。が、寝ている間にも(糖度が・・・。せっかく美味しいトウモロコシを送ってもらったのに、甘さを失わさせてしまったら、T君に申し訳ないなぁ・・・)そんなことを考えていると、いてもたってもいられなくなり、夜11時、26本のトウモロコシを茹でることを決意した。


続きを読む
posted by JOJO at 08:38| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年09月01日

北海道からの贈り物

vegetables.jpg

北海道ツーリングでお世話になったT君から今日、巨大な荷物が届いた。

受け取るとき、郵便やさんが「重いですよぉ〜」と汗をかきながら運んでくれた。なんだろう・・・?ワクワクしながら送付状を見ると、そこには「トウモロコシ」と書いてある。

すごーい!大量のトウモロコシが送られてきた!!既に興奮状態の私。夜、旦那が帰ってくるのを待って二人して箱を開けてみることにした。

中から出てきたのは・・・大量の枝豆!ナス!そしてトウモロコシだった。ナスは34本、トウモロコシは26本、枝マメにおいては抱えきれないほど。並べてみると、我が家の玄関を覆いつくしてしまうほどだった。

早速T宮くんにお礼の電話をすると、これらは全部彼のおうちの畑で獲れたものだってことが分かった。すごい!大事に食べさせてもらいます。そしてこの中の枝豆はトヨムスメって品種で日本一糖度が高い豆で、結構人気があるんだとか。それに、知らなかったんだけど、大豆を若いうちに収穫すると枝豆で、もっと枯らして豆の皮が茶色くなって収穫すると大豆なんだって。知ってた知ってた?


このトヨムスメの枝豆も早速明日茹でて頂いてみますね!

いやー、農業万歳!

posted by JOJO at 22:31| Comment(2) | 食べ物・料理

2004年07月22日

物々交換で・・・

tomato.jpgうちのバジルは小まめな虫取りと水遣りと愛情を注ぐことによって、只今育ち盛りのまっしぐら。1週間ほど前、大規模な摘心を行ったばかりだったのに、またもこんもりと育っている。バジルの葉量が増えてくると風通しも悪くなるので、今期3度目の大規模摘心を行うことにした。



大幅に虫にやられてしまったバジルは株ごと捨てた。それでも残ったバジルは40株を超えている。一株一株摘心を行うことを考えると、今日も大量のバジルが手に入るだろう。前回摘んだバジルが既に冷凍保存されているし、ジェノバペーストを作るにしても葉の量が多すぎる。

どうしよう、我が家では需要と供給がなりたたない。捨てるにはもったいないし、困ったなぁ。



そこで私はヒラメいた。

「そうだ、大家さんにおすそ分けしよう!」

続きを読む
posted by JOJO at 05:55| 食べ物・料理

2004年07月14日

ジェノバペースト

大量に育つと食べきれなくなってくるバジル。その生命力はとても優れており、たとえ1枚の葉っぱからでも子孫を残そうと根を生やすことが分かった。


上手なバジルの育て方ははこんもりと育てること。摘心を適度に行いつつ脇芽を増やし、横にも大きく育てる。(摘心を行わないと、上にスラーっと伸びる)。風通しが悪くなるのもバジルに悪いので、適度に葉っぱを摘むことにした。

ワンサカとれた、バジルの山。さて、これを一体どうしてくれようか。

いつかはやろうと思ってた、「アレ」やってみるとしましょーか。



スーパーで買ったバジルでは高コストで作る気になれない、ジェノバペーストに今こそチャレンジだ。

続きを読む
posted by JOJO at 22:25| 食べ物・料理

2004年07月13日

肉骨茶と書いてバクテー

bukkuttea.jpg絶対美味しいから!はい、これお土産ね!」と妹のYちゃんから渡された袋には「人参肉骨茶湯料」と書かれていた。



肉骨茶湯料



人肉骨!?



パッと目に入ってきた文字列に一人ドッキリとする。一体何が入っているというのだろうか?

しかし、自信を持ってお土産を買ってきてくれた妹に対して、その驚きは知られてはいけない。姉として、冷静を保ちながらもう一度渡されたお土産を見つめる。



人肉と読んでしまったのは、「参」という字を抜かして読んでいたからだ。



(ほっ、人参ね)



これは別名バクテー(BAK KUT TEA SPICES)といってシンガポールでは日常的な料理である。スパイス自体は漢方薬そのもので、煮込んだ肉はどんな肉でも柔らかくなり絶品。通常はスープとして頂くのだが、本場シンガポールではゴハンにぶっかけて食べるんだそう。

続きを読む
posted by JOJO at 22:20| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年06月15日

牛挽肉とバジルの炒めゴハン。

food_0614_2.jpgポーチドエッグ・ターツァイ炒めに続いて作ってみたかった料理第3弾。その名は牛挽肉とバジルの炒めゴハン。これまた4年ほど前、勤めていた会社の近くにあったタイ料理やさんの定番メニューだ。しかしあの味はどうやって作るんだろう。アイデアのないままに現在に至る。

そうだ。私にはネットがあるじゃぁないか!グーグルがあるじゃぁないか!

続きを読む
posted by JOJO at 07:54| Comment(0) | 食べ物・料理

2004年06月14日

ターツァイ万歳。

tasai.jpg最近スーパーの生鮮売り場で見かけるターツァイ。青梗菜と似た感じだが、葉はもう少し丸みを帯びている。

かれこれ4年ほど前に本格的な中華料理を食べに行った時、"青菜のオイスターソース炒め"というようなメニューを頼んだ。その時、あまりの美味しさに一人でほとんど平らげてしまったぐらいだ。「アレをまた食べたい」−。その私の願いは叶えられるチャンスもなく、ただただ月日は流れていった。また、作ろうにも、肝心の食材が限定できない。一概に青菜と言っても、ほうれん草も小松菜も青梗菜もみんな青菜と言われているからだ。

唯一の手がかりは、その時聞いた青菜に使われている食材の名前が”聞きなれない”名前だったということだった。

続きを読む
posted by JOJO at 21:20| Comment(2) | 食べ物・料理

買占め

v8.jpgなぜか食べ物ネタが・・・続くなぁ。さて、昨日お散歩がてら買い占めてきた商品の話。

その名も”V8”。8つの勝利ではない。トマト、にんじん、セロリ、ビーツ、パセリ、レタス、クレソン、ほうれん草と8種類の野菜がブレンドされた飲料である。スーパーであんまり見かけないのが残念だが、時々BIG Aに陳列されてることがある。BIG Aはレジ袋をタダでくれないので、リュックを背負って買いにいくことにした。目指せ、BIG A!手に入れろ!V8!!

続きを読む
posted by JOJO at 16:21| Comment(0) | 食べ物・料理

ポーチドエッグ

breakfast_0613.jpg食べたことはあるけど、作ったことがなかったポーチドエッグ。うろ覚えでは、”沸騰したお湯の中に、卵を割っていれて火を通したもの”。

旦那の実家のトイレにはいろいろな読みものがある。でも、私がよく手にするのは某新聞契約者がもらえる"Yommy"か、ジャフ会員がもらえる”JAF Mate”である。これらは月間小雑誌なのだが、ぼけっと読むのには丁度良い。

そのどちらかに(どっちか忘れた)、ポーチドエッグの作り方が書いてあった。

続きを読む
posted by JOJO at 14:51| Comment(0) | 食べ物・料理