2011年01月09日

タイヤ交換

寒い日が続きそうなので、そろそろスノータイヤに交換することになった。

旦那:「今日変えちゃっていいの?」

と休日の度に聞いてくれていた旦那に

JOJO:「今日、自分でやってみる〜」とお返事。

やっぱ、女でもタイヤ交換くらい出来ないとね!思いおこせば、私の初めてのタイヤ交換はかれこれ15年以上前のこと。
乗せてもらったお友達の車のタイヤがお店から戻ってくるとイタズラでパンクさせられていて、当時そのお友達は右手を骨折していて使い物にならなかったので、私がスペアタイヤに交換することになり・・・
教習所で習ったことを断片的に思い出しながら交換したのが初めてだった。

あの時はあの時で(よくやったな〜。)と自分を褒める出来事の一つではあるのだが(笑)、一方で「女でもタイヤ交換は出来て当たり前」と変な考えが刷り込まれてしまったのだった。

旦那は昔から自分でタイヤ交換するので、気をつけなければいけないポイント、手順は幾度となく教えてもらって分かってはいるつもりだけど、いざ自分の車の4本とも交換するとなると話は別だ。

でも、やるって言ったからにはやろう!と作業しやすい格好に着替え、薄いビニール手袋つけて(後で手を洗剤でゴシゴシ洗わなくてもいいようにね)準備は万端!

ガレージでゴソゴソしてると、旦那がヘルプしに来てくれた。

タイヤ交換時の注意事項(覚え書き)

・タイヤ交換は出来るだけフラットな環境(ちょっと坂とかになっていない)でやる。

・交換するタイヤの対角線上のタイヤに輪留めをする

・ジャッキのつける場所は車の側面に刻まれた▽の場所に付ける

・タイヤを締めるボルトは対角線上に締めていく

・ジャッキで車を上げた状態でドアは絶対に開けない(車がねじれてる状態なので、フレームを痛める)


タイヤ交換手順
@タイヤが地面と接地した状態でボルトを少し緩める。この作業は力がいる

Aジャッキで車体を上げ、タイヤが浮いた状態にする

Bエアーコンプレッサーのインパクトでチュイーンとボルトを外す

Cタイヤを外し、新しいタイヤを入れる

Dタイヤに進行方向がある場合は気をつける

Eボルトを対角線上に締めていく

F軽く締めてはタイヤをガタガタを揺らしきちんとピッタリくっつくようにするとボルトがより均等に締めやすい

G手締めで大体締まったら、車体を少し下ろし、タイヤと地面の接地面がある状態でトルクレンチで最後の締め上げをする

H外したタイヤは釘などが刺さってないかチェックし、保管時は空気圧を低くしておく

一番大変だったのは、Cのタイヤを外して、交換するタイヤを入れること。

なんでこんなに重いのよ〜(怒)

フンフン言いながら、頑張りました。
tyre_koukan2011.jpg



一個目はあまりにフンフン頑張っている割りには付かないので、見かねた旦那がお手本を見せてくれた。

1時間強の作業で、しかもツールには恵まれている環境で、そんなに大変な作業じゃないのかもしれないけど、4本終わる頃には私はフラフラでした。

疲れた〜・・・  けど、楽しかった!
次回からは旦那のヘルプなしで・・・いや、やっぱヘルプはしてもらおう(いろいろ心配だし)。

我が家の便利ツール
・シザース油圧ジャッキ
   労力のほとんどいらないジャッキ。シューッと上がってシューッと下がります



・インパクト
   我が家にはエアーコンプレッサーがあるので、エアーコンプレッサー用インパクトですが、これはすごい。1個のボルトが1秒で完全に緩めます

・自動車用トルクレンチ
   何気に一本あると良い感じ




posted by JOJO at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛車 MiTo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42459361

この記事へのトラックバック