2010年09月26日

カメさんにエサ

kame_01.jpg「今日はカメさんにパンをあげたんだよ」

とサラが幼稚園からの帰り道で離してくれた。
ほう!カメさんに餌!!
JOJO:「たくさんいるの?」と聞くと
サラ:「いっぱい!」とのこと。

同じ幼稚園のママとそのことについて話をしたら、「娘から聞いて早速行ってきたけど、アレは楽しいから絶対行くべき。ハマるから、最低食パン一斤は必要だよ」との情報。

なので、先週の三連休で行ってきました、カメさんに会いに。

kame_02.jpgサラにナビゲーションしてもらい、幼稚園の場所から歩くこと15分ほど。
そこは貯水池になっていました。
でも、橋の上から覗いてもただ水があるだけで、

(本当にカメさんいるのかしら?)

とちょっと心配。

はりきって家族みんなでやってきてしまったのに。

サラ:「そう、ここだよ。ここから、こうやってあげるの」

と見本を見せてくれる。

それならば、とポツポツ食パンを小さくちぎって落とし始めてみた。

サラがポトン・・・

旦那がポトン・・・

続いて私がポトン・・・

ちょっと待つと、遠くの水面にスゥーっと影が写った。
よーく見ると、水面に浮かぶ、カメさんの姿!!

パンをめがけて一生懸命に泳いできてる!!!

(その姿・・・かわいい・・・・)


ポトン、ポトンと次々にパンを落としていくと、来ました来ました、
どこから来たのか、あっという間にカメさんだらけに!!!

kame_03.jpg


旦那:「お〜。これ超面白い!食パン一斤じゃ足りないっしょ!」
旦那:「ちょっと買い足しに行ってくる!」

と食パン一斤がなくなる頃、浮き足立って(?)買出しに出かけた。

その間、残された三人は買ってきたおにぎりでしばしランチタイム。

そして、食パン2斤持って、旦那が戻ってきた。

再び、餌やり開始。
ここにはカメさんもいっぱいいるのだが、大きく成長した鯉もたくさんいる。カメさんが一生懸命泳いでやっとパンの前にきて口をあけようとした瞬間にコイがガバっと横取りしていくのだ。
我々の使命はカメさんに餌をあげること。

ポトン・・・

「頑張れ!カメさん!」
「よし!食べた!」
「あー、おさかなが食べちゃった」
「ちっちゃいの、頑張れ!」

そんな声があちらこちら(←といっても三人だけど)で飛び交った。

そんな中、レイナさんは

レイナ:「パン!パン!」
JOJO:「レイナもあげるの?」
とパンを渡すとレイナがパク!

(え・・・ それカメさん用なんですけど・・・)

レイナ:「パン!パン!」
JOJO:「・・・誰が食べるの?」
レイナ:「レイナ!」(にっこり)

そんなんでレイナはちぎられたパンをひたすら食べてました。
カメさんの一番の天敵はコイじゃなくてレイナだったのかも・・・

1時間半で食パン3斤完食。

なんだかほのぼのとした楽しい時間だったのでした。


posted by JOJO at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 興味深いこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40930470

この記事へのトラックバック