2007年02月06日

サラのお雛様

ohinasama2007_2.jpg鬼は外、福は内と恵方巻きで節分が過ぎた。いつも豆巻きをすると、思い出すことがある。
それは、旦那と結婚して最初の豆まきのこと。あの炒った豆を年の数だけ食べるという行事が苦手な私は
(やっぱどうせなら美味しいのに限るっしょ)

節分の数日前に豆をお店で吟味して購入しておいた。

さて当日。豆まきしようよ、と旦那を誘い、

JOJO:「今年の豆は美味しいよ」

と得意げに豆を旦那の目の前に差し出した。

その豆の名はポリッピー。

そう、おつまみにもなる、アレである。

旦那:「・・・・はっ?」
旦那:「・・・・・・・・これ撒くの?」
JOJO:「・・・うん」

やっぱポリッピーを撒くのはまずかった!?床に撒かれたポリッピーは節分で家を清めるというよりかは、小さい子供が食べ散らかした感じ
旦那に散々バカにされ、でも 美味しく食べた結婚初回の節分。
もちろん、ポリッピーを撒いたのはこれ一回きりである。

と、タイトルから話が大分話がそれてしまったが(←それすぎ?)、そんな訳で今年の節分も無事終了し家が清められたところで、サラのお雛様を飾ることになった。母親に一緒に飾るお願いをしていたので、母が到着してからの開始だ。
三段飾りを買ってもらったので、飾るのに一苦労。お人形、お道具全て赤ちゃんの大好きなガサガサの紙に包まれているので、サラも音がする度、わくわく猛突進してくる。仲良く楽しく一緒に飾る、というよりかは、一人がサラの番人、一人が飾り付け・・・といったところ。
それでも飾り終わったお雛様は気に入って買っただけあって存在感がある。
お雛様、これからサラが健康で元気に育ちますように、お願いします。

ohinasama2007.jpg飾り付けが終わった所で地元のお友達が遊びにやってきた。みんな女の子なので、赤ちゃん4人並べて楽しく記念撮影をしてみたよ。みんなそれぞれにお気に入りのお雛様を飾ったようなので、近々拝見しにいこ〜。
posted by JOJO at 21:58| Comment(0) | 長女 サラのこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: