2005年03月12日

ツインピークスへGO!

sf0311_013.jpg13:30頃、自転車を返し、ツインピークスへ行くことになった。
17時頃のカルトレインでPalo Altoに帰りたいこともあって、時間節約の為にタクシーに乗り込む。
フィッシャーマンズワーフからノブヒルを抜けていく。Sさんが、
「この先、ひょっとしたらサンフランシスコで一番急な坂を通ってくれるかもしれないよ」
とこそっと教えてくれた。
サンフランシスコで一番急な坂かぁ〜。どんな坂だろう?今まで通った坂も結構急で、驚かされるのに。
そんなことを考えながら乗ってると、この次の坂がそうだよ、と耳打ちしてくれる。

心構えて坂に臨む。今下っている坂の先に見える次の下り坂がそうなのか。
sf0311_011.jpg車が、交差している道を超えるのに一度水平になる。そして、次の瞬間、車体が斜めになるのと同時にSFで一番急な坂の全貌が見えた。

このまま車が滑り落ちて行くんじゃ・・・

そんな感じの角度。私は思わず「きゃぁっ」と声を上げてしまうのであった。お恥ずかしい。
そんな私をSさんはふふっと笑い、運転手さんに至っては「いやぁ、いい声だね!」とウィンクを投げかけてくれた。これだからこの道を通るのは楽しいんだよ、って感じだ。運転手さん、ニコニコしながら私を見てくれてるのはいいんだけど、お、お願い前向いて運転して〜。


sf0311_012.jpgスリリングな道も堪能し、一同はマーケットストリートを通りつつツインピークスを目指す。カストロに差し掛かるとレインボーフラッグがあちらこちらに掲げられているのが見えた。なんでもこの周辺は「ゲイ」の町で有名だそうだ。レインボーフラッグがその象徴ということらしい。へーっと車窓から眺めていると、目の前にドーンと大きなレインボーフラッグがはためいている。
ゲイでも有名なんだけど、お洒落な店も多いんだよ、とSさんが教えてくれた。後で時間があったら散策すると楽しいかも。


sf0311_015.jpgツインピークスのほとんど頂点に近い所でタクシーを下りた。運賃は30ドル弱くらいだったんだけど、辺鄙なところに連れてきてもらったから、というSさんの配慮で40ドルを渡した。運転手さんはうれしそうだった。
少し歩いて上って、見渡したサンフランシスコの町。あぁ、来て良かった。なんともいい景色なんだろう!左の方にゴールデンゲートブリッジ、そしてフィッシャーマンズワーフにSF市内のビルたち。今通ってきたマーケットストリートが一本太く伸びているのがとても印象的だった。

ここならさぞかし夜景も綺麗なことだろう。Sさん曰く、夜来るんだったら防寒してこないと死んじゃうよ、ってことだったので、夜景を見に行く方は暖かい格好してきてね!

「サンフランシスコ市内を見下ろす」ことを堪能し、歩いて一番近くの駅にいく。草が青々した丘を下っていくんだけど、これが結構急だ。上りも歩きだったらと思うと少しゾッとした。良かった。タクシーで上ってきて。(←弱気)

sf0311_016.jpg


駅に着くと、ミュニメトロで一気にPowell駅を目指す。時間の都合上、カストロ散策はできなかったけど、結構ヘロヘロだったので、ま、いっか。
ユニオンスクエア周辺のお店をブラブラと見ながら、フェリービルディングまで歩く。
やっぱ歩くと、その町の様子が分かっていい。だんだん治安の悪そうな道とそうでない道の区別も分かるようになってくる。
フェリービルディングで数日前から目をつけていたお土産用のチョコレートを買って、本日の観光は終了である。Sさんもここまでで案内役は終了、と思ってたと思うんだけど、私が友達の家から持って出てきた荷物の量を見て、「これは4th/King駅まで行かない訳にはいかないだろう・・・」と着いてきてくれた。
だってお土産の大きい紙袋3つにスーツケース(中にはナパバレーで買ったワインが4本)でスーツケースを持ち上げる私はフラフラしてるときた。私は鈴木さんにお礼の日本から持ってきた手土産を渡したかったが為に、荷物を取るまで付き合ってもらったつもりだったので、大丈夫ですよ〜と断ったものの、付いてきてくれた。

とっても紳士だと思わない!?

その紳士ぶりにすっかり甘えてしまった私。
Sさんには本当にとってもお世話になった。私のやりたかったサンフランシスコ観光を叶えてくれた。思い残すことなく、Palo Altoに帰ることができます・・・!!

Sさん、ありがとうございました〜。
posted by JOJO at 19:56| Comment(2) | 英語ペラペラへの道
この記事へのコメント
でしょう?あのS君がこんなに紳士になられて、私も彼のお友達(仕事仲間???)の端くれとして、鼻高々です。せっかくのSF、とても満喫されたようでヨカッタ!たくさんのオミヤゲもありがとうございました。次に行くときは、だんな様と2人で夜のTwin Peaksをご覧になってね。
Posted by K at 2005年03月24日 20:08
Kさん(&もちろんSさんも)のおかげでJOJOはとっても楽しめたようで・・・本当にありがとうございます。
ただ、SFに自分が行くときに夜景を見る余裕なんて出てくるのか!?という気はしますが・・・ま、機会があれば、ということで。
Posted by けん at 2005年03月24日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: