2005年03月09日

英語のレッスン

今回の旅行の大きな目的は英語力の向上だ、と書いた。
幸運なことに、友人Kさんのお友達がお世話になっているアメリカ人の英語の先生を紹介してもらえることになった。先生の名前はスターニャ。ELSで3年間の英語講師経験もあるというし、現在も本業は英語の先生というくらいだから、私にとってはこの上なく有難いお話だ。
当たり前だけど、アメリカに行けば英語をきちんと話せる人はいくらでもいる。しかし、それを上手に教えられるかどうかはまた別問題である。本国のアメリカで英語を教えることを本業にしているのであれば、間違いない、そう確信した。さて。Kさんのお友達のSさんがいろいろコーディネートしてくれて、英語のレッスンはユニオンスクエア周辺のSt.フランシスの喫茶店で行うということになった。ひょんな出会いから友達になったClaudiaと4th/King 駅からユニオンスクエアまで歩いた後、Powell 駅の地下でランチし、軽くブラブラしてから彼女と別れた。彼女は友達の家へ、私はこれからレッスンだ。

私はスターニャの顔を知らないので、Sさんと事前に待ち合わせをした。実は、Sさんとも初対面だったのだけど、とても感じの良い男性で、安心することができた。私が英語のレッスンに対して「付いていけるかな〜?出来るかな〜?」と不安そうにしていると、「スターニャは発音もとても分かりやすいし、お勧めですよ」と勇気づけてくれた。

ホテルのロビーで待つこと十数分、スターニャが現れる。
第一印象は、「あ、私、この人好き」
スラリとした体格で笑顔がとても魅力的な女性だった。軽く挨拶を交わして、喫茶店へと移動する。いよいよ、レッスン開始だ。

始めに言っておくと、私は英語の個人レッスンやグループレッスンを受けたことがない。だからどういうように進むのかも想像が付かない。全てを相手に任せる気持ちでレッスンに臨む。

「で、今日は何してたの?」
「サンフランシスコは何回目?」
「何か飲み物頼む?」

簡単だけど重要な質問文が自然に問いかけられる。頭の中で一生懸命グルグル考えて質問に答えていく。私の返答を見ながらスターニャは私の語学レベルを察知するのだと、Sさんは言ってた。
レベルに合わせてのレッスンをしてくれるのはすごく有難かった。実は今回の1週間の渡米で1週間アメリカの語学スクールに入ることも健闘していたのだ。
だが、その授業は複数人で行われる為、「難しすぎるとついていけないし、簡単すぎると勉強にならないよ」という旦那の助言で止めた。それは確かにそうだな。

「サンフランシスコは何回目?」
という質問に対して
I've been here three times.
と答える。
そうすると、それでも分からなくはないけど
It' s my third time.
こっちの方がよりアメリカっぽい返事だと教えてくれる。

質問に対して私が答え、そこから話を膨らませる。同じ話題で2分ほどしゃべった後、私の言いたかったことを理解したスターニャは、こういう表現を使って話すこともできるよ、と文章を組み立ててくれるのだ。
その中に分からない単語があったり、使い方に納得がいってない場合でも、事細かにいろいろな用例を用いて説明もしてくれる。もちろん英語で、よ。そして、全てがクリアになった状態で、もう一度同じ質問をされ、それに対して私が答える、そのようなステップが1時間半ほど続くのだった。

普通の会話もレッスンの一部だ。
私達が座ったテーブルは始めは静かだったのだが、途中からワイワイする集団が入ってきた時のこと。
スターニャが、「彼ら、うるさいわね。聞こえずらい?席移動する?」と聞いてきた。
私は
No ploblem. I don't care them, but when I will care them, I'll tell you.
と答えてみる。

そうすると、その場合はこういうのよ、と教えてくれた
No, if it gets too noisy, I'll tell you.
他にも応用は
No, if I get hungry, I'll tell you.
No, if I need to go to the restroom, I'll tell you.
なんていう風に使えるわよ、と付け足してくれるのも忘れない。

バスや電車に乗るとき、getもよく使うけど、hopもしばしば使われるという説明をしてくれた。
Excuse me, do you know how the bus system works in SF?
You can hop on the bus across the street.
てな感じだ。

また日本人が苦手としてるLとRの発音の違いのレッスンでは、教材を用いて
lainとrain
aliveとarrive
なんていういくつかの似た発音の単語を練習し、それで私が言った単語をスターニャが目をつぶって聞いて、その意味を言い、私が言った単語と意味が合っているかどうか、なんてこともやった。
「あなたの発音はなかなか良いわ」と誉めてくれたけど、ほんとかなーー??

その他には数えられる名詞、数えられない名詞の説明も受けた。
なんて懐かしい、って思ったんだけど、懐かしがっている場合ではない。身に付けなければ。
今回は特に「数えられない名詞」について説明を受けた。
Air, Smoke, rain, snow, Furniture, butter, bread, soup, water, Japanese...など、渡された教材には5、60の数えられない名詞が記述されていた。スターニャ曰く、これらの単語を使う時は、「どれくらいの量」を相手に伝えられるように、文章の中に、some, a little, a lot of, much, plenty of, agreat deal of, enough of という量を表す言葉を取り入れるのを忘れないようにということだった。忘れても問題はないのであろうが、
例えばちょっと高級な食事をしに行く時に、
「お金ある?」という質問に
I have money. じゃ説明不足なのだ。
I have some money. だと銀行よって行く?それか貸そうかという話になるかもしれないし、
I have a lot of money.だと、それなら問題ないね と思うだろうし、
I have enough of money. だと行く気満々という感じだ。

なるほど、という瞬間だった。

また、coffeeeやtea、waterは本来なら数えらない名詞である。
two cups of coffee や three glasses of water. が正しい表現だ。
しかし、言語は常に変化していて、特に日常が忙しいのが原因なのだけど、
coffeeやteaなどが数えられる名詞として変化している、と言っていた。
出勤前、混んだカフェで注文する時に、いちいち three cups of coffee. と注文するのではなく、4 coffeesという人が増えているのだと言う!英語で言うと、
US cultere is busy, so the count nouns have changed to noncount nouns in spoken English.
ということらしい。

そんな感じで2時間半にわたるプライベートレッスンは終わった。
とっても濃厚だったし、為になったと思う。後はどれだけ応用できるかが問題だ。
スターニャはとても良い先生でみんなにもお勧めしたいし、私もまた習いたいと思う。
彼女が日本にいないのがとっても残念。

さて日本で私は英語を頑張るということを約束した。
どう頑張るかは、これから考えるのだけど、英語に触れない日を作らない、ということは決めた。
JOJOLOG 英語版も不定期更新で書いてみようと思う。

でもでも、邪道かもしれないけど、まだこういう教材たちにも惹かれててしまう私。

Click Here!
辞書付マジック・トーカーズ

いつでもどこでも英語学習ができるコンパクトな辞書。音声も出る



Click Here!

催眠で英語耳
催眠で英語が上達するというもの。


Click Here!
スギーズ英語発音学習DVD

ね?どれも魅力的でしょう??
posted by JOJO at 21:22| Comment(4) | 英語ペラペラへの道
この記事へのコメント
こんにちは、初めまして、Onoと申します(40歳、既婚、子供無し)。
当方去年9月頃からCB1300SF乗りになり、色々とバイク関連Webを検索し昨年10月位からROMってました、ROMっててごめんなさい。
さて、今回のLogを読ませて頂き、とても素晴らしく頑張ってらっしゃるなぁと感嘆と共感をいたしました。
私の仕事も本社がPalo Altoにあります、APやら色々と出張行くのですが、英語が・・・上達出来ずに超苦労しています・・・。
英語の勉強、頑張って下さいね!旦那様やご友人とツーに行けたら嬉しいです。この辺もお話できたらと思います。
それでは失礼致します。
Posted by Ono at 2005年03月14日 18:06
初めまして!onoさん☆
ずっとROMってて頂いていたんですね。ありがとうございます(^^)

Palo Altoによく行かれるんですか〜。あの周りは遊ぶ所は何もないけど、住環境は良さそうですよね(^^;

Onoさんはどちらにお住まいなのですか?
暖かくなってきたらツーリングシーズン到来ですね!
Posted by JOJO at 2005年03月15日 21:52
JOJOさん、お返事ありがとうございます。
Palo Altoは、なーにも無いですね・・・車でブンブン飛ばしてやっと何かある?て感じでしょうか。。。
申し上げるの忘れてすみません、私は埼玉・上尾になります。
大型は全然初心者なので色々とご指導ください!
それでは、USでのご生活ホントお気をつけ下さい。
お体も大事になさってくださいね。
Posted by Ono at 2005年03月16日 14:59
中型歴は長かったのでしょうか・・・?
私はいきなり大型コースだったので、初心者からようやく抜け出した・・といった辺りでしょうか。
ご指導なんて・・とんでもありません!(^^;

今日も良い天気ですね。花粉は憎らしいですが、ツーリング日和です♪
Posted by JOJO at 2005年03月19日 11:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: