2004年06月03日

モノ好きなダンナ。

夜になって、帰ってきたダンナに大変な「ムシ違い」をしていたことを話した。
さらに、
「大きくなったヨトウムシは夜に活動するから、懐中電灯を持って探すといいらしいけど、そんなの(キモすぎで)できないよねーー」
と、今日仕入れた新情報を付け加えてみる。
ダンナは大笑いした後、「夜中のお食事中のヨトウムシを見る」と言い出した。

(え”、マジですか・・・・!?)
(夜活動してるグロテスクなヨトウムシなんて見たくないんだけど・・・)でも、既に旦那の顔は好奇心でいっぱいの顔をしてる。まるで、小さい子がパパに「今日は飛行機でも見に行ってみるか」と言われた時のような感じ。こうなってしまったら、後にはひけない。それに、断るもなにも、彼はもうベランダに出ちゃってるし。
しょうがなく旦那に付き合って、私もベランダに出る。懐中電灯が不気味にバジルを照らす。旦那は使い慣れた私の虫取り割り箸で、片っ端から葉っぱをチェックしている。
アンタも・・・モノ好きねーー。
探すこと10分強、結局、目的のヨトウムシは出てこなかった。
本当に残念がっている姿を見ると、今ままで毎朝、私が奮闘してやっつけたヨトウムシを残しておけば良かった、という変な気持ちになった。
ま、そのうち立派な(!?)ヨトウムシに会えるよ。きっとね。
posted by JOJO at 20:10| Comment(0) | ガーデニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: