2004年06月02日

出た〜!夢にまで

決してアオムシが好きなわけではない。アオムシ取りにはまってるわけでもない。でも、気が付いたらお庭に出てアオムシを探してしまうここ最近の私。
「あれだけと退治したからもういないだろう」という気持ちと、そのことを目で確認したい気持ちが私をアオムシ探しへと駆り立てる。

朝、何気なくカーテンごしにプランターに目をやると、葉っぱにフンがおもむろについている。アオムシから私への挑戦状だ。割り箸片手に庭に出て、必死にプランターのバジルやお花たちのチェックを始める。
「フンがここなら、オマエはココだ!」鋭い勘でアオムシをやっつける。葉脈に沿った発見しずらいアオムシも、片っ端から見つけてポイ。中には葉を揺さぶった勢いで葉から糸引いてぶら下がっているやつもいる。そんな奴ももちろん、お箸でつまんでポイ。
どれくらいのアオムシをポイしただろうか?

そこで、目が覚めた。
そう。夢だったのだ。私はショックだった。夢にまで・・・・アオムシかよ!

そして翌日、夢と同じ行動をとったのは言うまでもない。・・・・正夢かよ!!
posted by JOJO at 21:22| Comment(0) | ガーデニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: